2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

海外

2010年1月26日 (火)

大きな木

100126_bigtree

これは昨年のミルフォードトラックで出会った巨木。

今年一年でどこまで自分自身成長できるか。

大きな木になれるよう、挑戦あるのみ。

2009年4月 4日 (土)

ミルフォードトラックでお散歩してきました。

090404_milfordtrack1

090404_milfordtrack2

090404_milfordtrack3

もう2月中旬のことになりますが、少し長めの休暇をもらってニュージーランドのミルフォードトラック(The Milford Track)をお散歩してきました。四年越しの計画でようやく実現。

初海外トレッキングなのでガイドツアーで行ってきたのですが、ニュージーランド、オーストラリア、イギリス、アメリカ、カナダ、スウェーデン、オランダ、日本から集まった素敵な旅の仲間にも恵まれて、愉快にのんびりと景色を楽しみながらお散歩することができました。

まだ写真をまとめきれていないのですが、「世界で一番美しい散歩道」(The Finest Walk in the World)の雰囲気が少しでも伝わるといいなぁ。

2006年5月27日 (土)

シリコンバレーにしばしお別れ。

シリコンバレー三日目。

この日はあるベンチャーキャピタルの方に会う機会があり非常に刺激的。ベンチャーキャピタルなんて新聞や雑誌でしか知らなかったのでなんだか格好良さげな仕事だと思っていたのですが、実際にはスマートなところより泥臭いところのほうが多いお仕事。詳しい話は書けませんが、苦労は多いが魅力的な仕事だと強く思いました。

そんなこんなで一通りのプログラムをこなして再びサンフランシスコへ。今の季節は夕方になってもまだまだ明るい。

060527_sanfrancisco

あまり時間がないので、市内ではUnion Squre周辺の高級ブティックのある通りをウィンドウ・ショッピングをしたり、お土産物を見てまわったりします。ほんとは高級ブティックに用はないのですが、後学のためということで(笑)。

出張してるときの夕食後は大体ホテルで仕事をするのですが、この日は最終日ということで仕事仲間とIrish BARへ行ってみます。まぁ、泊まったホテルのインターネット接続が有料(結構高い)だったから仕事を諦めたというのもあるんですけど(^^;。ギネスビールを飲みながら聞く生演奏は趣があって良い感じです。

060527_irishbar

しかし、大音量の演奏なので僕らが会話するときも大音量の声で対抗しないといけません(笑)。

非常に短期でしたがシリコンバレー訪問を終え、今は既に帰国。なんだかまた近いうちに向こうに行きそうな気がしているので「しばしお別れ」という感覚。そして、次行くときにはもう少しパワーアップした自分になっているよう、日々精進することを心に誓うのでありました。

2006年5月24日 (水)

再びスタンフォード大学へ。

シリコンバレーに到着して二日目。

お仕事終了後夕食まで時間があったので昨年来たときに引き続きスタンフォード大学へ(もちろん、学業ではなくただの立ち寄りです)。ラッキーなことに本日も快晴なり。

060524_stanford

今回の出張は現地コーディネーター氏と一緒なので、こういった空き時間にスタンフォード大学とシリコンバレーとの関係、当世シリコンバレー事情やカリフォルニアでの生活などなど幅広くお話を伺うことができました。

一人で動くのは自由とスリルがあって楽しいのですが、きちんとしたコーディネータさんについてもらえると質疑応答などを通して生きた情報を得ることができます。昨年の出張のときにもご一緒できれば良かったのにな。

それにしても、シリコンバレー地区って気候も治安も良くって過ごし易い。自分の能力さえ許せば、こちらで仕事をしても良いなぁと思う今日この頃なのでした。

2006年5月23日 (火)

サンフランシスコは快晴なり。

本日(カリフォルニア時間で5月22日)、出張ついでに少々サンフランシスコ市内に立ち寄ってみました。日本から到着したばかりなので、日光浴びて昼食がてらの時差調整。

現地コーディネーター氏によると、昨日まで雨で今日も雨の予報だったとのこと。でも、予報は外れて超快晴!

青空の下、フィッシャーマンズ・ワーフの象徴とも言えるカニ君も「いよっ!」って感じでお出迎え。幸先良い良い(~-^)。

060523_fishermanswharf

この調子で明日も良い天気と出会いに恵まれますように(祈)。

2005年10月28日 (金)

スタンフォード大学

今日は午後遅めで仕事が終わり、後はフリーだったので一人でスタンフォード大学(Stanford University)まで足を伸ばしてみました。レンタカーだと自由に動けてGood。運転はちょっと(すごく)緊張するけど。

行きは道にも迷わずスタンフォード大学に到着。今日もいいお天気。スタンフォードの象徴ともいえるMemorial Churchが輝いています。こっち時間で夕方17時過ぎなのに明るいです(朝は7時過ぎまで暗いけどぉ)。

stanford_church

Oval(卵形した芝生の広場)からMemorial Church方向を見ると、空の青と雲の白が綺麗なコントラストを成しています。いい環境だなぁ。ああ、ここの学生になったらどんなに充実したキャンパスライフが過ごせるだろう(妄想)。

stanford_oval

高級住宅街のパロ・アルト(Palo Alto)にあるスタンフォード大学ですが、大学の名前が超有名なのでこのあたりはStanfordって言われています。でも、Palo AltoといえばXeroxのPalo Alto Research Center (PARC:パーク)で電機業界では有名です。

サンフランシスコ湾沿いって、スタンフォード大学の他にカリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)もあったりして優秀な人材がどんどん輩出されています。シリコンバレーに、HPやCisco Systemsなど目ざましい成果を上げるハイテク企業がどんどん出てくる(きた?)のも頷けますね。

ちなみに、スタンフォード大学からUniversity AvenueをまっすぐいったEast Palo Altoはかなり貧しい地域らしく、この近辺で起こる犯罪のほとんどはこの地域で起きているとのこと。Palo Altoが名前についていても、Palo AltoとEast Palo Altoは全く別物。美しい街路のスタンフォード大近辺のPalo Altoから車で15分くらいのところなのにな。光と影がまさに背中合わせ。自由の国・アメリカは貧乏人には厳しい国です。普通の人には一発逆転のアメリカンドリームなど無縁です。

僕としたことがスタンフォード大学からの帰り際にUniversity Ave.を行きすぎてEast Palo AltoのCity Limitを超えてしまい、それまでの明るい雰囲気から一変して怪しい雰囲気の街へ突入!建物はボロっとしていて、駐車している車も相当年季が入っているものになり、商店の窓には鉄格子がつきはじめます。あたりは暗くなってくるし、トイレに行きたくもなったので、焦って一気に通り抜けようと思ったらそのまま違うハイウェイに乗ってしまい時間を大幅ロス。まぁ、何事もなくホテルに戻れたので良しとしよう。

ホテルに着いて一息入れ、夕飯を食べにまた外出。今日は一人だから寂しいけど、最後の夜なのでがっつりステーキを食べに「Birk's」というレストランへ。Sun MicrosystemsやMcAfeeの入っているビルのそばです。サニーベイル(Sunnyvale。サンタクララのお隣の町)に駐在していた同僚から聞いたお店で、「ペッパーをまぶしたフィレステーキが絶品!」とのこと。お勧めに従ってPeppered Filet Mignonをいただきました。これはうまいぞ!機会があったらぜひ!でも、BLT Saladにはちょいとびっくり。レタス四分の一そのまんまに粒子状のカリカリベーコンとドレッシングがかかっていて、周りに刻んだトマトが配置されている。一人用の分量じゃなかった…。でも完食。またまた食いすぎ。本日の夕食は合計$57なり。

明日は朝早いフライトで家路につきます。家の扉の中に入るまでが遠足(出張だぞ)なので、気をつけていかないと!(^-^)/

2005年10月26日 (水)

サンタクララの夕暮れ時に思うこと

ただいま出張で米国はカリフォルニア州サンタクララのホテルにおります。

今日到着したばかりで時差ぼけがひどい。ホテルでボケ~っとしていてふと外を見ると夕焼けが綺麗なこと綺麗なこと。

santaclarasunset

10cm少々しか横に開かないホテルの窓からコンパクトデジカメを外に突き出して撮影。受付で部屋をできるだけ上の階にしてくれと頼んだ甲斐があった(^-^)。画質は良くないけど雰囲気だけでも伝わるといいなぁ。

ところで、僕がアメリカに来るのは大学院の卒業旅行のとき以来。9.11以降セキュリティチェックが厳しくなっていて昔とはまるで別の国みたい。成田を出発するときからしてアメリカ行きの飛行機に搭乗する前にはパスポートの再チェックを航空会社の係りのひとが実施。ちょっとびっくり。

入国のときは左右の手の人差し指の指紋&顔写真をデジタルでとられてしまうし、米国での航空機の手荷物検査のときは靴脱いで靴もX線チェック。金属探知機(小銭でもがっつり反応!)が二度鳴ってしまうともうほとんど犯罪者扱いで厳しくボディチェック(ロスの空港で乗り換えるとき僕の後ろの白人女性がひっかかっていた)。

前はバリ島、つい先日はバグダッドで立て続けに自爆テロが起こって大変な事態だ。まだまだこれからもいろいろと事件が起こるのかな。こんな手荷物検査のとこでチェックを厳しくしても自爆テロやられたらひとたまりもない。

早く平和な世の中にならないかなぁ。って、他力本願じゃほんとはダメなんだけどね。