2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

2010年5月28日 (金)

夜明け前の槍・穂高連峰

100528_yarigatake

笠ヶ岳山頂から見た夜明け前の槍・穂高連峰。二年前のですけど。

まだ整理しきれていない写真が沢山あるのですが、こうやってときどき過去に撮った写真を眺めてみると色々思い出されて楽しかったりします。

2010年1月 6日 (水)

涸沢カールのモルゲンロート

100106_karasawa

北アルプス・涸沢カールのモルゲンロートです。

以前、奥穂高岳登山で涸沢ヒュッテに泊ったときに見た風景。

2008年9月のことなのに、けっこう昔のような気が。

今年は機会があれば1泊か2泊くらいで景色の良いところに行きたいです。

2009年8月 9日 (日)

去年の今日は…

そういえば、去年の今日は…

090809_kasa01

友達と二人で夜行バスで新穂高温泉に入り(笠ヶ岳→双六→槍ヶ岳→大喰岳→中岳→南岳→(ビビりなので大キレットには行かず)→天狗池→槍沢→上高地と縦走するためっす)、

090809_kasa02

快晴の空の下、(夜行バスでほとんど寝れなかったので体力的には限界ギリギリだったけど)笠新道をぐんぐん登って焼岳やその奥の乗鞍岳を眺めて楽しいなぁなんて思っていたら、

090809_kasa03

槍・穂高連峰に不穏な雲が現れ、気づいたら自分の頭上にも分厚い雲が覆ってきていて、

090809_kasa04

杓子平当たりでまだ午後一時にもなっていないのにメチャクチャ恐ろしい雷雨がやってきたので、稜線に出る前に雷雨をやり過ごすため停滞をして、

090809_kasa05

三十分以上じっとしていたらすごくいい天気になったので、ちょっと安心して調子こいて写真撮りながらのんびり歩き始めたら、

090809_kasa06

また再び不穏な雲がやってきて、頭上にも分厚い雲が再来して、

090809_kasa07

笠ヶ岳に向かう稜線上に出る頃には再び雷雨になってきて、ビビりながらも隠れる場所がないので「雷なんて僕のところに落ちてくるわけない!」と言い聞かせつつズンズン歩き、

090809_kasa08

笠ヶ岳山荘に着いた頃には少し雨は落ち着いてきたかと思ったら、またビシッ!バシッ!というスゴイ音のする雷雨になって、ちょっと前に笠ヶ岳山頂に向かったお兄さんたちを心配しながら、

090809_kasa09

夕食を食べ終わって体を休めていたら、天気が急回復してお月さま(ほぼ半月)も見えてきて、徐々にたくさんの人が外に出てきて、

090809_kasa10

この日一日くるくると変わる天気に翻弄されながらも、山荘の裏手から沈みゆく夕陽をみんなで穏やかに見送ることができました。結果オーライ。

【教訓】
人生山あり谷あり。晴れあり雷雨あり。
物事は山の天気のように移ろいやすく、良いことも悪いこともいろいろあるのだろうけど、目の前のことに惑わされず一歩ずつ着実に歩いていけば、大体なんとかなるもんだ。

2009年7月 4日 (土)

To Mackinnon Pass

090704_mackinnon01

Milford Track Guided Walk 3日目

Mintaro Hutあたりからグイグイ登っていくと、この日のハイライトのMackinnon Pass(マッキノン峠)に鎮座するMackinnon Memorial(マッキノン記念碑)が見えてきます。幸いにも少し青空が見えてきていて周囲の景色を楽しめそう。

Mackinnon Pass越えは今回のWalkの中で一番きついところで、ここで大休止してホッと一息。僕自身も出発前から左膝に故障を抱えていた上に前日Pompolona Lodgeで右足第一指の爪の一部をはがすというトラブルもあったりして結構辛かったです。

ただ、登っていく途中にはいろんな種類の花が咲いていて飽きることはありませんでした。秋に向かっていく季節だったので花は最盛期のものではありませんが、以下はその一部をご紹介。と言っても、花の名前はよく知りませんが(笑)

090704_mackinnon02

090704_mackinnon03

090704_mackinnon04

090704_mackinnon05

090704_mackinnon06

Mackinnon Memorialに着いてしばらくすると、記念碑の上にKeaが乗ってきました。

090704_mackinnon07

せっかくなので僕たちもMackinnon Memorialの前でKeaと一緒のところを記念撮影してもらいました。

2009年7月 1日 (水)

Clinton Canyon

090701_clintoncanyon1_2

090701_clintoncanyon2

090701_clintoncanyon3

Milford Track Guided Walk 3日目

Pompolona Lodge(ポンポローナ・ロッジ)からMintaro Hut(ミンタロ・ハット)をちょっと過ぎるところまではClinton Canyon(クリントン谷)の道はほぼ平坦でらくちん。幻想的な森の風景が続きます。木についている地衣類がまるでとろろ昆布みたいだな。なんて。

この日はMilford TrackのハイライトであるMackinnon Pass(マッキノン峠)越えがあるというのに天気予報は雨。曇り空が続いていて、いつ雨が降ってもおかしくない。峠からの景色が見られるようになんとか天気もってくれと祈りつつものんびり歩いていきます。

2009年6月30日 (火)

Kea

090630_kea

Milford Track Guided Walk三日目の早朝。

Pompolona Lodge(ポンポローナ・ロッジ)の屋根の上に鎮座ましますのはKea(キーア)です。「キーア!キーア!」とけたたましく鳴くオウムの仲間でカラス程度の大きさの鳥です。近くで見るとけっこうボリューム感あります。

Pompolona Lodge周辺はKeaの一大生息地らしくて、前日ロッジに到着したときから鳴き声だけは沢山聞こえてきていましたが、翌朝になってようやく拝顔の栄を賜ることができました。とはいえ、一見すると警戒心はあんまりないという印象です。

Keaはなかなかのいたずら好きで、部屋の扉の外に靴を置いているとよくどこかに持って行ってしまうらしく、「部屋の中に靴を置くように」との注意書きがいろんなところに貼ってありました。同部屋のUS出身の男性は全く気にしていなかったけど(笑)

なんだかんだ言っても、Keaってなかなか愛嬌はあるし、いたずら好きってことはオウムやカラスと同じでとっても賢い鳥ってわけで、僕はけっこう好きです。

2009年6月28日 (日)

Robin

090628_robin

この写真の鳥はMilford Trackの道中Pompolona Lodgeの近くで出会ったRobin(ロビン)。全く警戒心のない人懐っこくて愛くるしい手乗り文鳥サイズの小鳥です。

地面を靴底でジリジリとツイストする感じでにじっているとRobinが近づいて来る可能性大です。にじったのに驚いて地面の中から出てくるミミズ狙いでやってくるみたい。

ちなみに、このキュートなRobinちゃんの写真は、いつもブログを見てくれた感想をメールで送ってくれる友達へのサービスカット(?)です。

Prairie Lake

090628_prairielake

Milford Track Guided Walk二日目、Pompolona Ldge(ポンポローナ・ロッジ)に向かう道中Clinton River(クリントン川)のほとりにあるPrairie Lake(プレイリー湖)でのひとコマ。

この湖は比較的水が温かいらしく、水着に着替えて泳ぐが何人もいます。性別も年齢も体型もそんなことは全然関係なく、ただただ楽しそうに泳いだり日光浴をしたりしています。僕も水着持ってくれば良かったな。

初日には雨に降られたもののこの日は奇跡的に天気がすこぶる良くなり、雲もほど良く浮かんでいて、平和な日ってこういうことを言うんだなぁと思ったのでありました。

2009年6月22日 (月)

Mitre Peak

前回に引き続き、再びミルフォードトラックの最終宿泊地・Mitre Peak Lodgeからの写真です。正確に言うと、今回の写真はロッジから出て少し歩いた岸辺からのMitre Peakの写真です。

090622_mitrepeak1

ロッジのラウンジでワインを飲んだり談笑したりと休憩時間を楽しんでから、最後の夕食をいただき、そしてMilford Track Guided Walkの完歩証書(Certificate of Achievement)授与式が行われます。
上の写真は完歩証書授与式の後にひと息ついて外に出て、サンドフライ(Sandfly)の攻撃をくらいつつ撮った夕暮れ時のMitre Peakです。夕暮れ時といっても21時くらい。2月のニュージーランドは日が長い。

ちなみに、Milford Track Guided Walkの間にはこのとき以外にもすごく沢山サンドフライに刺されて腫れるわかゆいわでもう大変。帰国してからも刺され痕とかゆみは1カ月以上残ってしまいました(涙)
でも、ミルフォードの美しい景色とサンドフライの攻撃はトレードオフの関係。「サンドフライに刺された痕とかゆみをミルフォードトラックのお土産として持って帰る」くらいの気持ちでまいりましょう。

090622_mitrepeak2

翌朝は少し寝坊してしまい日の出時を逃したものの、8時過ぎに外に出てMitre Peakと残月を撮ってみました。後で見直してみたら、偶然にも一番上の写真とほとんど同じアングルでした。驚きです。

2009年6月20日 (土)

Mitre Peak Lodgeにて

090620_mitrepeaklodge

ふと思い出したかのように、2月に旅したニュージーランド・ミルフォードトラックの写真をアップしてみます。

これはMilford Track Guided Walk最後の宿であるMitre Peak Lodge(マイター・ピーク・ロッジ)のラウンジでのひとコマ。

このラウンジの窓はMitre Peakの景色を飾るための額縁のように設計されていると思われ、とっても印象的でした。まさにMitre Peak Lodge。

隣に座っていたオーストラリア人(たぶん)ご夫妻に「まるでMitre Peak Lodgeを飾る額縁みたいですよ!」と伝えたら深く賛同してくれました。

四日間・33.5マイルの歩き疲れを癒してくれる、そんなラウンジでした。

より以前の記事一覧