2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月 1日 (日)

新年あけましておめでとうございます!

060101_HappyNewYear

新年あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます

新しい一年も元気一杯頑張っていく所存です!

2006年1月 2日 (月)

おとそ気分

060102_otosokibun

今年のお正月は家でのんびりおとそ気分を満喫。

お箸置きまでおとそ気分。

2006年1月 3日 (火)

初詣

遅れ馳せながら初詣。

060103_hachimangu

今年一年が健やかで幸多きものとなりますように(祈)

2006年1月 4日 (水)

仕事始め

今日は仕事始め。

今年こそは自己満足ではなく、何か一つ形に残ることを成し遂げられるよう精進してまいります。

060104_utabaka

「歌バカ」と言い切れる平井堅。見習いたいです。

2006年1月 7日 (土)

七草粥

春を告げる七草。今日は七草粥ですね。

七草というと、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、それから、えーと、えーと、スズシロ!(あってるかな?)

今日は新暦の1月7日だからまだまだ春は遠いけど、びゅーんと季節を飛び越えて春を感じてもらえればと。ちょっと飛び越えすぎか。

060107_takatosakura

(高遠城址公園から中央アルプスを望む、2005年4月)

調べてみると、今年の旧暦一月七日は新暦2月4日。やっぱり、季節をストレートに感じるには旧暦で行事をすべきだよなぁーと思ってしまうのでありました。

2006年1月 9日 (月)

成人の日

今日は成人の日。

でも、一月の第2月曜が成人の日だなんてイマイチ実感沸かないなぁ。

060109_hatachi

酒は飲んでも飲まれるな。自戒の意を込めて。

2006年1月10日 (火)

月と冬枯れの柿の木

060110_persimmonmoon

連休明けの仕事帰り。

月と冬枯れの柿の木の組み合わせってちょっぴり不気味かも。

2006年1月12日 (木)

スキーの日

今日はスキーの日。2003年度に制定された新しい記念日。

オーストリア=ハンガリー帝国の将校が日本軍に初めてスキーの稽古をつけたのが1911年のこの日。これが日本のスキー事始だとか。

060112_ski

今シーズンは浮力のある板を新調。これで道具的にはニセコの新雪にも埋まらないはず!

2006年1月14日 (土)

写真展 岡本太郎の視線

東京都写真美術館で開催中の「写真展 岡本太郎の視線」

060114_okamototaro

いわゆる上手い写真ではないけれども、撮影している岡本太郎の思いが伝わってくるかのような、なんとも迫力のある写真たち。これをじっくり2時間かけて見てまわり、“岡本太郎の視線”を追体験。

展示の仕方にも工夫があって素晴らしい。フランスで親交のあった写真家たちの作品、コンタクトプリントや写真に撮った縄文土器の実物の展示、さらには岡本太郎自身や岡本敏子さんの映像展示もあって、彼の写真への関わり方・視線を感じ取ることができる。

個人的には、実物の縄文土器を岡本太郎の撮影したアングルで見つめるとその視線の先に縄文土器の写真作品が見えてくる仕掛けが秀逸で感動。

「写真は生活そのもの、人間自体に迫るための媒体であるという使い方が望ましい」

(岡本太郎「写真収集の趣旨」「世界の支える無名の人びと」 1970年/日本万国博覧会協会より)

うーむ、なるほどぉ。

2006年1月16日 (月)

植田正治:写真の作法

「写真展 岡本太郎の視線」と共に、「植田正治:写真の作法~僕たちはいつも植田正治が必要なんだ!~」も東京都写真美術館で開催されていたのでこちらも同日に鑑賞。

060114_uedasyoji

戦前と戦後の写真では明らかに作風が異なっていたのが印象的。時代が大きく変わったことが作品にも現われているのですね。個人的には、写真展のポスターにもなっている「妻のいる砂丘風景」シリーズ(1950年)に惹きつけられました。

ということで、僕も昨年夏の鳥取砂丘での写真を掲載。

060116_tottorisakyu

植田正治には遠く及ばない…(笑)

2006年1月18日 (水)

都会の神社

060118_kotohira

右側は虎ノ門の金刀比羅神社。左側は虎ノ門琴平タワー。

“金刀比羅神社との複合開発ビル「虎ノ門琴平タワー」 伝統と先進性が調和するスタイリッシュなオフィスビル”(「物件概要」)とのこと。

なんだか複雑な心境。

2006年1月20日 (金)

冬晴れの隅田川テラス

060119_sumidagawa

いつもの道をちょっと遠回りして、腹ごなしに隅田川テラスをお散歩。

2006年1月22日 (日)

関東平野は雪だったのに…

060122_joetsu

この土日、上越国際スキー場界隈は晴れ。ただし、日中限定です。

2006年1月24日 (火)

ヒルズ前 兵どもが夢の跡

060124_roppongihills

通りかかった六本木ヒルズ周辺で、TVカメラをかついだりしている報道関係と思しき人たち二組発見。地検特捜突入日や昨日の夜だったらエライ騒ぎだったろうなぁ…。

ライブドアがまだ「オン・ザ・エッヂ」という社名だった頃、そこへ転職した知人がいます。でも、ほどなく退職。辞めた理由をあえて聞いたことはないけど。

2006年1月28日 (土)

関東納めのだるま市

毎年1月28日は川崎市の麻生不動尊にて「関東納めのだるま市」

060128_darumaichi_01

久々にだるま市に行ったらその人の多さにびっくり。今年は土曜日開催なうえにお天気にも恵まれて人出にターボかかってるのかな。

060128_darumaichi_02

んで、だるまを買うと「よよよいっ、よよよいっ、よよよいよいっ!」って火打ちしてくれてとっても景気がいいのです。

060128_darumaichi_03

ほら、路線バスまで「だるま市」モード。

060128_darumaichi_04

家内安全、商売繁盛!(祈)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »